その決断があなたの将来を左右する 35歳は転職の最後のチャンス!?

一般に、40歳から50歳にかけては、子供に対する教育投資など家計的に大きな負担がのしかかってくる時期であり、定年まではさらに20年から10年、定年延長の動静次第では、25年から15年働き続けることになります。

40歳オーバーでの転職では、ステップアップ転職はもちろん、転職して収入の現状維持を図ることすら困難な現実を前にして、今の会社に少々の不満があっても、何とかしがみついているほうが得策と半ばあきらめの境地になっている人もいることでしょう。リクナビNEXT 価格
しかし、会社の活力が失われて、将来に不安があるとか、実力はあるのに上司に疎まれてくすぶっているなどの状況で我慢していても、いつかは会社の倒産やリストラなどによって、残りたくても残れない事態になることも考えられます。そのときには、さらに年齢を重ねていることになりますので、転職はさらに厳しい状況になることでしょう。

40歳から50歳にかけてのミドル層には、それ以上のシニア層と比べればまだまだステップアップを可能とする転職のチャンスがあります。以下、自分が納得のいく転職を実現するための、具体的な手段を紹介しましょう。

Comments are closed.